HK AUDIO ACTOR DX シリーズ ACTOR DX 廃番

ACTOR DX
価格: 1,659,000円 (税込)
ACTOR DXは、先進のデジタルテクノロジーを駆使しながらも極めてアナログに近いサウンドを提供する、一般的なパワードスピーカーの概念を完全に覆し、革新的なハイテクPAシステムです。
■56ビットプロセッシングパワーとトップレベルのコンポーネント
ACTOR DXシステムには、ハイエンドSRシステムとして定評のあるB&C社のドライバーユニットを採用し、かつ56ビットシグナルプロセッシング処理を行うPWMパワーアンプを採用。解像度と透明度の高い、極めてナチュラルなサウンドを電源を入れるだけで提供することができます。

■ダイナミクス処理の革命、DDO コントローラー
それぞれのスピーカーには「キャラクターが存在します。しかしながらスピーカーは楽器と同じように与える音量に応じてその「キャラクター」は変化し、時には歪みを生じたり、あるいは位相のずれが生じたりします。言い換えれば、スピーカーの特性は「常に変化して」いるのです。HK AUDIOのDDO(Digital Dyamics Optimisation)テクニックはこういった問題を根本から解決するために開発された革新的な技術です。HK AUDIOのハウスエンジニアがベストセラーDFC(Digital Field Controller)を開発する際に経験した数々のノウハウをACTOR DXに惜しみなく投入。パワーアンプ段との協調により常にダイナミクスをコントロールし、どの音量下においても常に一定のレスポンスを再生します。このため、ボーカルはボーカルらしく、弦楽器はピチカートの粒立ちに至るまでを精密さをダイナミックに提供。また、あらゆる状況を連想してDDOには8つのプリセットモードを装備。シーンに応じて、最適なサウンド特性を切り替えることが可能です。

■HK AUDIOサウンドのノウハウを味わう
「デジタルコントローラーは万能な調味料ではない」ということ。スピーカーの設計には数あるコンポーネントから吟味を重ね、そしてサウンドテクニックを工学的に使用する場合においてもデジタルコントローラーに頼りきりにならない、ということがHK AUDIOの開発チームが長年におけるサウンドの研究から得たことです。
ACTOR DXに搭載されたDDOコントローラーはドライバーやキャビネットの特性を十分に理解した上で専用に開発されたもの。濃い味付けを行うことなく、自然な、そして表現力に富んだサウンドを提供できるよう専用モデルとして設計しました。使えば使うほどにHK AUDIOサウンドのもつナチュラルサウンドに引き込まれてゆく、そんな奥ゆかしい体験ができるのもACTOR DXがもつ魅力でもあります。

【製品の主な特長】
・56-ビットDDO™システムコントローラー
・パワードベースキャビネット×2(15”)、1000W PWMデジタル
パワーアンプ
・8コントローラープリセット
・総合出力3,200W RMS
・パッシブベース×2(15”)
・ミッド/ハイユニット×2(12”/1.4”)、600W PWMデジタル
パワーアンプ&DuoTilt™マウント
・人間工学に基づいて設計されたハンドル部

  MID/HIGH LOW
ユニット構成 30cm+1.4'' 38cm
指向特性 60°×40° -
許容入力 600W RMS 1000W RMS
再生周波数帯域 80Hz〜19kHz(±3dB) 48Hz〜130Hz(±3dB)
クロスオーバー周波数 950Hz, 12dB/oct -
SPL@1w/1m 106dB 104dB
最大SPL@1m 129dB@10% THD 126dB@10% THD
コネクタ XLR,スピコン,パワコン
外形寸法 39x65x42cm 48x65x66cm
質量 32kg 36.6kg


DDO画像 【D.D.Oプリセットモード一覧】

56ビットプロセッシングのD.D.Oコントローラーには状況において使い分けることが出来る8つのプリセットモードを装備。また、LEDディスプレイ搭載により暗闇でも現在のステータスを容易に確認可能です。

0 - Mute
1 - Top Only
2 - Half Stack DJ
3 - Half Stack Band
4 - Full Stack DJ
5 - Full Stack Band
6 - 2×Stack DJ
7 - 2× Stack Band


HK Audio独自のスピーカーマウント技術DuoTilt™は、ハイボックスを7.5°/15°傾斜させ、スピーカー位置より下側に位置するオーディエンスに適切なサウンドエネルギーを供給します。